スクリーンショット 2021-02-17 21.03.40.png

テンペラ画について

 テンペラ技法とは、主に12~15世紀のイタリアで行なわれた絵画技法です。この技法は、特に14世紀頃に脚光を浴び、のちに油彩画に移り変わるまではフレスコと並んで絵画の中心的存在でした。テンペラ技法には複数の種類がありますが、中でも経年変化しにくく明るい色調が特徴の卵黄テンペラは代表的存在です。

 私が用いているのも、卵黄テンペラ技法です。板の上に石膏膠水溶液で地塗りを施し、 レリーフなどの装飾を加え、その上に金箔を置き卵黄テンペラ絵具で彩色しています。

 

黄金背景テンペラ画制作工程

修士の研究でフラ・アンジェリコ作「リナイウォーリ祭壇画」の部分模写をしたときの写真を使って解説します。

↓クリックで拡大&解説が出ます

1.前膠塗布
1.前膠塗布

シナ合板にヤスリがけをし、濡れたウエスでよく拭きます。前膠(ヤニ止め、滲み止めの役割)として湯煎で温めたウサギ膠を刷毛で塗布します。

press to zoom
2.麻布張り込み
2.麻布張り込み

ウサギ膠を刷毛で塗布しながら麻布を張り込む。

press to zoom
3.石膏膠液塗布
3.石膏膠液塗布

石膏膠液を10層塗布する。塗り重ねる際、表面が乾いていて中が湿っているくらいの時に行なう。(この作業は丸一日かかります。根気がいります。)

press to zoom
4.石膏地削り
4.石膏地削り

鉛筆の粉を全体にまぶし、削った部分がわかるようにしておく。金属の板で表面が平滑になるよう削る。鉛筆の粉がなくなり、真っ白で平滑になったら、ヤスリで表面を整える。粉は飛ぶ、鼻はムズムズする、手は痛くなる、という辛〜い作業です。

press to zoom
5.輪郭転写
5.輪郭転写

輪郭を転写し、先の尖ったペンで石膏地を削って輪郭線を刻む。この線は、金箔を押した後、余分な金箔を削り取るときに必要になります。

press to zoom
6.砥粉塗布
6.砥粉塗布

ウサギ膠に砥粉を溶いたものを5回塗布します。 溜まりができないように気をつけて行ないます。

press to zoom
7.金箔押し
7.金箔押し

水をたっぷり塗り、箔刷毛を使って箔を置いていく。

press to zoom
8.金箔磨き
8.金箔磨き

石膏地に湿気を入れた後、メノウ棒を使って金箔の表面を磨く。

press to zoom
9.刻印
9.刻印

少し先の尖ったメノウ棒で線刻する。線の方向を変える事によって、角度を変えて見るとキラキラする。

press to zoom
10.刻印後
10.刻印後

刻印が終わったら、余分な箔と砥粉をヤスリで削る。

press to zoom
11.テンペラ絵具作り
11.テンペラ絵具作り

卵黄と酢を混ぜたものと顔料を滑らかになるまでよく練り合わせる。

press to zoom
12.絵具
12.絵具

下層の彩色が上層まで影響するので、地道にちまちまとしたハッチングで色だまりが出来ないように色を重ねていく。

press to zoom
13.ミッショーネ
13.ミッショーネ

絵具で描き終えた後、金箔で装飾する。

press to zoom
14.ミッショーネ2
14.ミッショーネ2

箔を置いたところ。乾燥後、柔らかい筆で余分な箔をはらう。

press to zoom
15.完成
15.完成

完成!

press to zoom

黄金背景テンペラ画制作工程

下地作り

板にウサギ膠を塗り、麻布を張り込み、石膏膠液を10層程度塗り重ね、金属の板で削ります。

金箔押し

砥粉(とのこ)を塗り重ね、水をたっぷり塗り、金箔を押します。

​乾燥後、濡れタオルを乗せて湿気を入れたあと表面を乾かし、メノウ棒で金箔を磨きます。

少し先の尖ったメノウ棒で模様を刻印をします。砥粉と金箔がはみ出ている部分をヤスリで削ります。

絵具

卵黄テンペラ技法で用いる絵具は、卵黄と酢と顔料を練り合わせて作ります。

​箔押しの工程が全て終わってから絵具で描いていきます。